argento gatto「銀色の猫」

~鮭&もふもふにゃんこの日常~ 姫、龍牙、望夢、 姫's BABY (望愛、姫叶、陽姫、夢)

  1. スポンサー広告
  2. [ edit ]

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  1. [ edit ]

  1. 未分類
  2. [ edit ]

トイプードル連れ去り事件

こんにちは🐾

今日はブロ友さんの記事で大変、許しがたいことが起きたことを知りました

以下
引用文です

トイプードルのアンジュちゃんが

10月6日の夕方に

大阪市住吉区の我孫子東1丁目にあるファミリーマート前

(地下鉄の長居駅と我孫子駅の間にあるコンビニです)

で、ピンクのベストを着た推定50~60歳くらいの女性に

自転車に乗せられ連れ去られたようです。




ブロ友さん小泉ヤクモンさんのブログ⇒「変な猫 飼っちゃいました」

被害に合われた方のブログ⇒「ビビ&コロン動物達との日常」


わが家には柴犬もいるので全くの他人事ではないと思いました
また、わんちゃんがご家族の方やわんちゃん大好きな方も訪問して頂く機会が増えたため
多くの方の目に触れて頂きたく記事にしました


過去、わが家の柴犬も故意にリードを外されポーチ(二重扉の外)に閉じ込められたこともありました
私が恋人宅にお世話になる10年以上前にはミルじぃが半年ほど拉致監禁(しかも、ご近所さんに)されたという事実もあります

先日、ノアが脱走した際に見付からず最悪な想像をした時も連れ去られた可能性も考えてすごく苦しい思いをしました


今、ご家族はどれだけ辛く苦しい思いをされているかと思うと本当に胸が苦しくなり息が詰まる思いがします・・・


どんな形でも家族がいなくなるというのは本当に想像を絶するほどの悲しみです


もしこの記事を見た方は良ければ拡散して頂けないでしょうか?
アンジュちゃんを見かけた人の情報が少しでもご家族の元に集まって行くことを願って

アンジュちゃんが無事にご家族の元に帰れますように。。。


「のあたん、拡散してくれると嬉しいにゃ!」






ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

















スポンサーサイト
  1. トラックバック: 0
  2. コメント: 10
  3. [ edit ]

  1. 未分類
  2. [ edit ]

ブログ休止のお知らせ

こんにちは

ノアが脱走してしまったようです
このことに気付いたのは今日(10/3)のAM 1:00頃

いつものようにおもちゃで遊ばせようと音をたてるとノアだけが来ず
家のどこかの部屋に閉じ込められているのかと思い家中を捜したのですが見当たらず

鮪母も起こして考えた場所も捜しました
ノアの大好きな缶詰を開ける音でもノアはやって来ず。。。


昨日(10/2)のAM 3:00頃、嵐のような雨風

徹夜の仕事の合間にゴミ捨てに行きました
ゴミ捨てに行く前にはノアは私たちの部屋で過ごしていましたが空気の入れ換えと
ちびたちが部屋から出たがったので部屋のドアは開けっぱなしにしました

それが私がノアを最後に見た記憶です

AM5:00頃、疲れていて体調も優れなかったので就寝しPM 1:00頃に起きました


昨日(10/2)は鮪母は休みでした
出入りは買い物に行った1度きりです(おそらく午前中)

鮪母の話によるとごはんを食べているノアの姿を見たとのこと

その話が本当なら私がゴミ捨てに行った時に一緒に出たのは考えにくい。。。


PM 1:30頃(外は晴れていたが風が強い)みんなで食事をしてそのまま部屋に戻り仕事の続きをしました

PM 6:30以降に夕食をみんなでとり後だしで料理もしていたので部屋に戻ったのは9:00以降
そこからノアがいないと気付くまで部屋で仕事をしていました


いつ
どこでどうやって出てしまったのか分かりません
脱走常習犯のレンもここ最近は徹底して注意しているので脱走していません

ノアは来客の時や帰ってきてたまたま玄関にいたときも人の姿が見えたら慌てて逃げて行くような性格です
あまり人を怖がらない性格でしたが自らすすんで玄関から外を覗こうとするようなヒナトやムウのようなタイプではありません

わが家は豪雪地帯でもあるので玄関は二重扉(引戸)です
ポーチの扉を閉めているので脱走にワンクッションありもし飛び出してもポーチから出られないしその時点でみんな気付くはずです

家は2階があり2階にはベランダ(ドアと窓付き)とトイレと3部屋あります

そのうち2部屋とトイレ、ベランダは閉めきっていて猫は絶対に入れません(念のために確認しましたがいません)
開いている1部屋には窓がありますが網戸にしてあり網戸は閉まっていました
クローゼットの中にもいません

お風呂場で最悪、浴槽で溺れた可能性もあり浴槽も覗きましたがいません

現在PM 1:00頃、外は強めの風が吹いていて微妙な天気です(晴れたり曇ったり)
家の周り(菜園スペースや駐車場、小屋、家の裏)を名前を呼びながら捜しましたが鳴き声も気配も感じません
(AM2:00頃にも餌をカラカラいわせながら名前を呼んで捜した)


どこにいるか分かりません
無事でいて欲しい

ノアの捜索に専念するためにブログはしばらく休止します
本当にごめんなさい

精神的にもキツくて
夕べからずっと泣いて泣いて酷い感じです(苦笑)


ノア、無事でいて
早く帰ってきて

どうかどうか
神さま

ノアを帰してやって









  1. コメント: 4
  2. [ edit ]

  1. 未分類
  2. [ edit ]

ネコの暮らしブックから考えること

こんにちわ🐾

前回の記事にて8/1にサイエンスヒルズダイエットの試供品が届きました(新登場まぐろ味キトン用)
にゃんずに与えたところのぞむ組(むう、ひなと)と大人にゃんずと保護猫たちはクレクレ状態でしたが姫組(のあ、あき)は口にしませんでした



一緒に同封されていた「ネコの暮らしブック」という小冊子
その中でとても心を打たれる文章がありました






以下、ネコの暮らしブックからの抜粋
飼い主の意識で変わる健康寿命
ネコが家族の一員として家の中で飼われるようになったことで、飢餓や外敵などのストレスが減ったのは事実ですが、狩りや生殖などネコの本能を奪っていることを忘れないで欲しい、と徳本先生は話します。
「飼っているネコのために栄養状態を向上させる食事を選んだり、ネコがネコらしく生きられる環境を整えたりできるのは、飼い主である人間だけだということをきちんと認識しましょう」・・・




「避妊去勢で猫が幸せになれる」という言葉にとてもモヤモヤした思いがありました
「避妊去勢しない人は家族として見ていない」という言葉もよく聞きます

違うと思うんです
避妊去勢をすることで猫本来のものを奪って人間「が」快適に暮らすためなんです
家族として見ていないからではなく中には感情移入するあまり(猫を擬人化しすぎていたり自然のままでいさせたいと思ったり)避妊去勢させたくないと思う方もいるでしょう

「猫が幸せになるために」なんて高尚なものではなく人間が快適に暮らすためになんです
それは決して悪いことではありません

人間が快適になれば猫が苦労することも人間が苦労することもなく=猫の幸せに繋がるということは理解できるのです
でも、それを一言で猫が幸せになるなんて言って欲しくないんです

「猫の本能を奪って」できた幸せなんです
本能を奪わないと幸せになれないんです、現段階では・・・

避妊去勢しなければ「発情の声、病気、喧嘩、マーキング、妊娠など」人間や猫にとっての問題がたくさん出てくることでしょう

人間にあえて例えれば

性犯罪に繋がるし子どもの虐待が多くみられる、おまけに人間は増えすぎたから決められた人だけが子どもを作っていい(優秀な遺伝子のみ)
残りの人間は管理され適齢期がくれば去勢、避妊される
まるで大奥のような場所に子どもを作ってよい人が集まり妊娠出産全てを管理され子どもが欲しい人は厳しい審査を通った人はだけが子どもを迎えられる・・・

というのが多くの方が語られる猫の理想とされる未来です
大奥はブリーダーをイメージしてください


人間だって子宮があれば乳房があれば病気になる可能性はたくさんあります
人間が何故、病気のリスクがありつつも生殖機能などを残しているかというと「理性」があるからです
ですが理性があっても子どもを虐待したり放置したりする人は現れます

「家族」だから○○だ
「母親」「父親」「飼い主」だったら○○だ

と決めつけられないと思うのです

昨今、家族の在り方は良くも悪くも多様化しています
私の友人の一人はキリスト教で宗教により避妊はしないのだそうです(友人談)
友人は妹弟が7人おり一番下の子は17歳ほど歳が離れています
妹や弟の給食費が両親の給料では払いきれず友人が働き出して払っていました

賛否両論あるでしょう
私個人は育てられないのならそれなりの措置をするべきだと思いますが
こういう「家族」もいるんです

だからこそどのような人も非難すべきではなく「多様」な在り方があると考えるべきではないでしょうか?
伝わらない人に何度言ってもどんな言葉でも伝わりません

どんな言葉でも一緒ならばまずは優しく声をかけるべきではありませんか?
まずは優しく、そうなった経緯や環境、その人の気持ちを知ってからではダメなんですか?


話がかなりそれましたが
猫の幸せというものはなんなのか?
猫を避妊去勢することは全て猫のためと言いながら本当は人間のためということを忘れないで欲しいんです
時折、その事を思い出して欲しいのです
(避妊去勢を反対しているわけではありません)
「避妊去勢をすることで猫が幸せになる」から「今は避妊去勢しか最善の方法がないけど人間が快適に過ごすことにより猫も幸せすることが出来る、何より猫のストレスや病気が減る」と言って貰えたらいいなぁと思います






良かったらポチっとよろしくお願いします♪
にほんブログ村 猫ブログ MIX長毛種猫へ
にほんブログ村

にほんブログ村 猫ブログ 子猫へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ


















  1. トラックバック: 0
  2. コメント: 8
  3. [ edit ]

  1. 未分類
  2. [ edit ]

お釈迦様のお話

こんにちわ🐾

この間、ブロともの花梨さんの書いておられた記事にお釈迦様のお話がありました⇒いろはにこんぺいとう


私は最初、そのお釈迦様のお話を見て率直に思ったのは
もしも、お釈迦様が悪いことをした時に(お釈迦様がそんなことをするはずがないだろうということは置いといて)
それを注意する人々の言葉を全て跳ね返したらどうなんだろう…心を強くすることにも良し悪しあるんじゃないか?
弱い部分があるからこそ誰かの痛みを共有したり優しい心になれたりするんじゃないか?と悶々とずっと考えていました


そんな時にTwitterで回ってきたこのツイート




私は忘れかけていました
「嫌い」や「苦手」と感じることは悪いことじゃない
だけどそれや他のことを理由に誰かを攻撃したって誰も救われなければストレスの発散にもなりません


お釈迦様のお話で見落としていたのは「 相手の言葉を耳に入れても、心までは入れず、鏡のように跳ね返しました。 」という記述

悪口を心まで入れたらまた、悪口の連鎖になる
だからこそ、悪口は心に入れない
でも、耳に入れ頭には入れることでもしも自分が間違っていたらその間違いを受け入れられるようにしている
という自分なりの結論が出ました


悪口や噂話は耳障りで不愉快になったり傷付いたりする
今の私にはなかなかシャットアウトできないことだけども
それにいちいち反応しない=悪口を受け取らない、ようにしようと思いました
いちいち反応するからヒートアップして言わなくていいことまで言ったり傷付けたりします

プライベートでちょっとしたマイナスなことが連続で起き記事投稿する気力が無くなって
たった今「なんだか疲れたなぁ」と思った時になんか悟ったような気になりました

私が躍起になってジタバタもがいていたことをスルー出来ていたら無駄な時間を過ごさなくて済んだだろうなぁと改めて感じました

また、マイナスなコメントも返さなければ逃げているような気持ちがして全て返して来たのですが
正直、疲れるだけでなにも得ることのないディスカッションは無駄なので今後はスルーしようと思います

ですがマイナスなコメント=指摘ではないので悪しからず
お釈迦様のように耳に入れて私自身の欠点を無くせるように日々精進して行きたいと思います
私が明らかに間違っていることはきちんと反省して次、同じ失敗をしないように・・・


すぐには変われないかも知れませんが皆さま温かく見守って頂けると嬉しいです
また、人生や人間として諸先輩方、ご指導ご鞭撻のほど宜しくお願いします




最後にまた、改めて記事を書きますがナスくん収穫しました♪
やったね(*´ω`*)

皆さんや皆さんの大切な方々が幸せな日を送れますように・・・





  1. コメント: 6
  2. [ edit ]

  1. 未分類
  2. [ edit ]

Twitterでの虐待ツイート

「ニャーニャー鳴いててうるさいから」と子猫の元気な写真と子猫を切り刻んだ写真をツイートしたバカ野郎の画像が回ってきて具合悪い
冷や汗というか

もしも、それが冗談半分の「嘘」ツイートだとしても
生理的に吐きそうになった

そして普段なら思うんです
「許せないと思ったらRT」とか後から目立ちたい奴がたくさんわいてきてパクったツイートするだけやんって

でも、うちには同じ年頃ぐらいの子猫たちがいて
そういう意味でホントに具合が悪くて
汚いモノ嫌なモノ臭いモノに蓋をするとかそういうことじゃないけど

「これ以上、見たくない!!」って気持ちと「この現実を多くに知らせるためにRTしようか」という気持ちがせめぎあってて・・・

実際、そのツイート自体は消されてるけどスクショが回ってきていて実際のツイートのRT数6000超・・・
十分、拡散されたとは思う

ああ、具合が悪くて頭が回らない

これがあの「gato」ということですか


どうしてそんな酷いこと


頭と手足だけ



「gato」とはスペイン語で猫
そして猫の虐待者の隠語
2chで詳しく見た
正直、吐き気がする



辛い










追記
やはり釣りでしたが
外国の・・・という話で
間違いなく2chとかでたくさん挙げられてるもののひとつなんだろうな

  1. コメント: 4
  2. [ edit ]


NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY>>

プロフィール

鮭

Author:鮭
猫と恋人の鮪さんとの日常をつづりたいと思います♪
ブログ名はイタリア語で「銀色の猫」

*姫(シルバー長毛♀)2013年7月2日生まれ
*のぞむ(黒キジ白長毛♂)2013年2月23日生まれ
*龍牙(キジ白短毛♂)2011年1月14日生まれ

⭐姫's BABY⭐
2015年4月27日生まれ
のあ(牛柄ややキジ♂)
ひなと(グレー白♂)
あき(黒強めキジ白♀)
むう(黒キジ白♀)

⏩国境無き猫もふ団⏪






🐾総訪問者数🐾


Twitter...



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。