FC2ブログ

argento gatto「銀色の猫」

~鮭&もふもふにゃんこの日常~ 姫、龍牙、望夢、 姫's BABY (望愛、姫叶、陽姫、夢)

  1. スポンサー広告
  2. [ edit ]

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  1. [ edit ]

  1. 未分類
  2. [ edit ]

ネコの暮らしブックから考えること

こんにちわ🐾

前回の記事にて8/1にサイエンスヒルズダイエットの試供品が届きました(新登場まぐろ味キトン用)
にゃんずに与えたところのぞむ組(むう、ひなと)と大人にゃんずと保護猫たちはクレクレ状態でしたが姫組(のあ、あき)は口にしませんでした



一緒に同封されていた「ネコの暮らしブック」という小冊子
その中でとても心を打たれる文章がありました






以下、ネコの暮らしブックからの抜粋
飼い主の意識で変わる健康寿命
ネコが家族の一員として家の中で飼われるようになったことで、飢餓や外敵などのストレスが減ったのは事実ですが、狩りや生殖などネコの本能を奪っていることを忘れないで欲しい、と徳本先生は話します。
「飼っているネコのために栄養状態を向上させる食事を選んだり、ネコがネコらしく生きられる環境を整えたりできるのは、飼い主である人間だけだということをきちんと認識しましょう」・・・




「避妊去勢で猫が幸せになれる」という言葉にとてもモヤモヤした思いがありました
「避妊去勢しない人は家族として見ていない」という言葉もよく聞きます

違うと思うんです
避妊去勢をすることで猫本来のものを奪って人間「が」快適に暮らすためなんです
家族として見ていないからではなく中には感情移入するあまり(猫を擬人化しすぎていたり自然のままでいさせたいと思ったり)避妊去勢させたくないと思う方もいるでしょう

「猫が幸せになるために」なんて高尚なものではなく人間が快適に暮らすためになんです
それは決して悪いことではありません

人間が快適になれば猫が苦労することも人間が苦労することもなく=猫の幸せに繋がるということは理解できるのです
でも、それを一言で猫が幸せになるなんて言って欲しくないんです

「猫の本能を奪って」できた幸せなんです
本能を奪わないと幸せになれないんです、現段階では・・・

避妊去勢しなければ「発情の声、病気、喧嘩、マーキング、妊娠など」人間や猫にとっての問題がたくさん出てくることでしょう

人間にあえて例えれば

性犯罪に繋がるし子どもの虐待が多くみられる、おまけに人間は増えすぎたから決められた人だけが子どもを作っていい(優秀な遺伝子のみ)
残りの人間は管理され適齢期がくれば去勢、避妊される
まるで大奥のような場所に子どもを作ってよい人が集まり妊娠出産全てを管理され子どもが欲しい人は厳しい審査を通った人はだけが子どもを迎えられる・・・

というのが多くの方が語られる猫の理想とされる未来です
大奥はブリーダーをイメージしてください


人間だって子宮があれば乳房があれば病気になる可能性はたくさんあります
人間が何故、病気のリスクがありつつも生殖機能などを残しているかというと「理性」があるからです
ですが理性があっても子どもを虐待したり放置したりする人は現れます

「家族」だから○○だ
「母親」「父親」「飼い主」だったら○○だ

と決めつけられないと思うのです

昨今、家族の在り方は良くも悪くも多様化しています
私の友人の一人はキリスト教で宗教により避妊はしないのだそうです(友人談)
友人は妹弟が7人おり一番下の子は17歳ほど歳が離れています
妹や弟の給食費が両親の給料では払いきれず友人が働き出して払っていました

賛否両論あるでしょう
私個人は育てられないのならそれなりの措置をするべきだと思いますが
こういう「家族」もいるんです

だからこそどのような人も非難すべきではなく「多様」な在り方があると考えるべきではないでしょうか?
伝わらない人に何度言ってもどんな言葉でも伝わりません

どんな言葉でも一緒ならばまずは優しく声をかけるべきではありませんか?
まずは優しく、そうなった経緯や環境、その人の気持ちを知ってからではダメなんですか?


話がかなりそれましたが
猫の幸せというものはなんなのか?
猫を避妊去勢することは全て猫のためと言いながら本当は人間のためということを忘れないで欲しいんです
時折、その事を思い出して欲しいのです
(避妊去勢を反対しているわけではありません)
「避妊去勢をすることで猫が幸せになる」から「今は避妊去勢しか最善の方法がないけど人間が快適に過ごすことにより猫も幸せすることが出来る、何より猫のストレスや病気が減る」と言って貰えたらいいなぁと思います






良かったらポチっとよろしくお願いします♪
にほんブログ村 猫ブログ MIX長毛種猫へ
にほんブログ村

にほんブログ村 猫ブログ 子猫へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

















スポンサーサイト

  1. トラックバック: 0
  2. コメント: 8
  3. [ edit ]

  1. 2015.08.05 (水) 11:15
  2. URL
  3. kgn2
  4. [ edit ]

うちの猫は避妊手術済みですが、
これは「人間との生活の為」の手術だと
充分承知しています。
だから“「猫の本能を奪って」できた幸せなんです”
という鮭さんの言葉に同感です。
摘出手術を望む猫なんていないですよね。

もともとある機能を奪ってまで一緒に生活しようと
決めたのだから大事にしなくては、と思うばかり。
まあ、それでもたまに「もぉ、なんで?」って
言っちゃいますけどね…(o´I`)…。

  1. 2015.08.05 (水) 17:52
  2. URL
  3. LittleEgg
  4. [ edit ]

確かに避妊手術は、「生まれて崩壊して不幸な猫が増える」などを防ぐためにはねこの幸せにつながるとは思います。だけどもしちゃんと産ませても最後まで全部責任が取れるのならする必要はありませんね。

巷では生後半年ぐらいで避妊手術しましょうって言うけど、子供の時にそんな事してしまうと性成熟する前だと思うので体弱い子になっちゃうんじゃないのかなと思います。
我が家はもうこれ以上飼えないし子猫の世話をする自信もないので2匹とも避妊手術はしています。
「性成熟してからでいっかあ~」と呑気に構えていたら鈴は生後8ヶ月ぐらいで発情がきて、本当に苦しそうだったので波が収まった時に。
花の時はそれより1年前だったんですが、一人暮らしで初めての猫で、どうしていいかわからずに苦しそうに男を呼ぶ花を抱っこして泣きながら謝りました。画がカオス\(^o^)/
  1. 2015.08.05 (水) 21:01
  2. URL
  3. [ edit ]

kgn2さん


> だから“「猫の本能を奪って」できた幸せなんです”
> という鮭さんの言葉に同感です。
> 摘出手術を望む猫なんていないですよね。


望むか望まないかで言えば望まないと思います(´-ω-`)
ですがそうすることで猫と人間両方の幸せに繋がるはず・・・
一方的に猫が幸せになるではなく「猫と人間が両方幸せになるため」と
心の片隅に秘めて置きたいです
> もともとある機能を奪ってまで一緒に生活しようと
> 決めたのだから大事にしなくては、と思うばかり。
> まあ、それでもたまに「もぉ、なんで?」って
> 言っちゃいますけどね…(o´I`)…。

そうですよね
大切にしようと思ってもたまにもう~!って思うことありますσ( ̄∇ ̄;)笑
時折、大切にする気持ちを思い出して初心に帰るようにしています♪
  1. 2015.08.05 (水) 21:13
  2. URL
  3. [ edit ]

LittleEggさん

> 確かに避妊手術は、「生まれて崩壊して不幸な猫が増える」などを防ぐためにはねこの幸せにつながるとは思います。だけどもしちゃんと産ませても最後まで全部責任が取れるのならする必要はありませんね。

そうですね
幸せかどうかはともかく「新たな不幸」を生まないという意味ではとてもいいと思います
私も肝に命じてにゃんずを幸せにしなければならないと思っています


> 巷では生後半年ぐらいで避妊手術しましょうって言うけど、子供の時にそんな事してしまうと性成熟する前だと思うので体弱い子になっちゃうんじゃないのかなと思います。

確かに(´・ω・`)
2、3年前の飼育書には「オスは発情前、メスは発情を1度経験した後」と書かれていましたが
最近は体重があれば生後4ヶ月ほどで手術できるとか・・・それって大丈夫なのかな?という思いもあります

> 我が家はもうこれ以上飼えないし子猫の世話をする自信もないので2匹とも避妊手術はしています。
> 「性成熟してからでいっかあ~」と呑気に構えていたら鈴は生後8ヶ月ぐらいで発情がきて、本当に苦しそうだったので波が収まった時に。
> 花の時はそれより1年前だったんですが、一人暮らしで初めての猫で、どうしていいかわからずに苦しそうに男を呼ぶ花を抱っこして泣きながら謝りました。画がカオス\(^o^)/

鈴ちゃん花ちゃん共に発情の経験があるのですね
発情も個体差があるから早く来たり遅く来たり発情自体静かで気づかなかったりなんてこともありますよね
初めてだとちょっとパニックになりますよね(笑)
初めての猫の花ちゃんを抱っこしたLittleEggさんを想像して微笑ましくなります
  1. 2015.08.06 (木) 03:40
  2. URL
  3. 通りすがり♡
  4. [ edit ]

鮭さん、こんばんは~

去勢避妊の話題だったので・・思わずコメ欄にきてしまいました(^^;)

残念ながら・・・猫たちの避妊去勢って、今の日本(地球?)の状況では必須だと思います。
なぜかというと私達人類が存在するから、自然の中で野生の暮らし(ハンティング)ができないからです。

そもそも人間がこの地球に発生してなかったら、ネコは家畜化されず、汚染のない美しい地球で、また厳しくもある自然の暮らしの中で、また弱肉強食の中で淘汰されながら個体数を爆発的に増やすこともなく、生きていたことだろ
うなと時折夢想します。

でも、現実は違ってて猫は人間によって家畜化された上、身勝手な人間に飼いきれないからと捨てられ、こんなアスファルトやコンクリートだらけの人間社会の片隅でひたすら餌を求め彷徨い、飢えや病気で育たない仔猫を産み、母体自体も繰り返し繁殖し、授乳をし・・・益々痩せ衰えて餌を求めて彷徨い、やがて厳寒期の路地でまたは炎天下の下で誰にも看取られず短い命を終えていってます(T_T)。野良猫の平均寿命って3年くらいなのですって!(悲)。

猫は年4回発情できるので、ネズミ算式に増えてしまうんですよねぇ。産んだ仔猫がまたあっという間に大きくなりまた産んでの繰り返し。
避妊去勢せずに産まれてくる全ての猫を看取るまで飼い続けるのは、アラブの石油王でも不可能だろうなぁと思います。

それで、最後は多頭飼い崩壊という目も当てられない悲劇が起きて・・ということが日本中で起きていて、運良くそのお家の窮状に気づいて救ってあげようという勇士が現れたらラッキーですが(ネットの世界でそういった方々によるSOSが発せられて救われる猫たちってほんの一部だと思うのですよね)、ほとんどは飼いきれなくなった猫を捨てたり、保健所に連れていったり、閉め切った家の中で餌も水も与えず糞便に紛れた地獄のような状況で、その地獄のような状況の中で、避妊去勢していないので、まだ繁殖をしながらのたれ死んでいたというのも聞いています。

だから、私も自分の飼ってる猫の避妊去勢や外暮らしの猫のTNRは「自分のために」やっています。

TNRしてる範囲は、私が猫を保護してしまう範囲内です。保護してやるにも限界があるからです。里親募集したって全ての猫に里親はみつかりません。

TNRってイタチごっこで、おそらく避妊去勢せずに飼ってる人が捨てにくるので、もうTNRを10年以上続けていますが、なかなか終わりません。

ちなみに、私がお世話している避妊去勢した外暮らしの子は10年以上生き延びている子が何匹もいます。朝夕餌を与えてるとは言え、避妊去勢していかなったら、多分ずっと早くに命を終えていたと思います。

ごめんなさい。長々と・・・(^^;)。記事に対する反論じゃないんです。
鮭さんやこちらにコメ書かれてる方は猫飼いの意識が高い方々だと思うので避妊去勢のメリットも充分ご存じと思ってます。

ただ、敢えてこのコメ書かせて戴いたのは、避妊去勢をしないで飼い続ける顛末に責任を持てないようなレベルの方が、もし記事を読まれて
「そうれ見た事か、避妊去勢は猫に迷惑なんだ」と自身をエクスキューズし、繁殖させ続けたら、そういう方の飼われてる猫たち自身が可哀想なことになると危惧しました。

そうそう、生後半年までの避妊去勢についてですが、私の経験からですが、半年までにした方が、圧倒的に術後の猫の身体の状況も良く、精神的ストレス軽いです。

体重1.5kg位でした女の子なんか、術後帰宅してキャリーから出したら、そのままオモチャで遊び始めました。傷口の出血もほとんど無く、食欲もモリモリ。1年、2年・・と年齢を重ねるに従ってダメージは大きいですし、傷口の完治にも時間がかかるように思います。
ですから避妊去勢は獣医師に相談の上、お早めにと人には勧めています。

P.S.
私は避妊去勢は百戦錬磨の先生に手術してもらってます。手術数の少ない自信のない先生は、身体が大きくなってからとか言うかもしれません。

  1. 2015.08.06 (木) 04:37
  2. URL
  3. [ edit ]

通りすがり様

> ごめんなさい。長々と・・・(^^;)。記事に対する反論じゃないんです。
> 鮭さんやこちらにコメ書かれてる方は猫飼いの意識が高い方々だと思うので避妊去勢のメリットも充分ご存じと思ってます。
>
> ただ、敢えてこのコメ書かせて戴いたのは、避妊去勢をしないで飼い続ける顛末に責任を持てないようなレベルの方が、もし記事を読まれて
> 「そうれ見た事か、避妊去勢は猫に迷惑なんだ」と自身をエクスキューズし、繁殖させ続けたら、そういう方の飼われてる猫たち自身が可哀想なことになると危惧しました。


確かに!
そうですねσ( ̄∇ ̄;)
見る人によっては「ほら、やっぱり~!」って思う人もいるかもしれないですね💦
通りすがり様の仰るように避妊去勢のメリットデメリットをきっとここにいらしてコメントくれる方々は分かってくれていると思いますが・・・知らない人が見たら・・・(´-ω-`)

最近は一方的に「猫が幸せになるため」と一言だけの方々もいて
きっときちんと「人間と猫両方が幸せになるため(どちらかと言えば人間のため)」ということを思っているとは思うんです
そもそも幸せとは人間が個人個人の物差しで考え感じるものだから「猫が幸せ」という部分に少し違和感も感じてしまうのが原因かもしれません
「幸せ」というものが最早、哲学的なもの過ぎて混乱していたかもしれません(´・ω・`)

私個人としては避妊去勢は絶対だと思っています
理由は通りすがり様も仰るようにねずみ算であっという間に増えてしまうこと、病気のリスクが減ること、人間と猫両方のストレスが減ることなど・・・・記事の内容にはこれらも抜けていますよね💦

> そうそう、生後半年までの避妊去勢についてですが、私の経験からですが、半年までにした方が、圧倒的に術後の猫の身体の状況も良く、精神的ストレス軽いです。
>
> 体重1.5kg位でした女の子なんか、術後帰宅してキャリーから出したら、そのままオモチャで遊び始めました。傷口の出血もほとんど無く、食欲もモリモリ。1年、2年・・と年齢を重ねるに従ってダメージは大きいですし、傷口の完治にも時間がかかるように思います。
> ですから避妊去勢は獣医師に相談の上、お早めにと人には勧めています。
>
> P.S.
> 私は避妊去勢は百戦錬磨の先生に手術してもらってます。手術数の少ない自信のない先生は、身体が大きくなってからとか言うかもしれません。


なるほど!!
避妊去勢の時期のお話とても勉強になります(*´ω`*)
実際には半年~1歳半までの間にみんな避妊去勢を済ませた猫がほとんどですが時期について人によって言ってることがバラバラでして・・・σ( ̄∇ ̄;)
百戦錬磨(?)の通りすがり様のおかげできちんと時期が分かって有り難いです♪
  1. 2015.08.06 (木) 06:50
  2. URL
  3. 花梨
  4. [ edit ]

おはようございます

ネコの暮らしブックの表紙にストレスで免疫力低下て書いてありますね。
人間も同じだなぁって思います。
ネコがネコらしく生きられる環境作り大切ですね。

>どのような人も非難すべきではなく「多様」な在り方があると考えるべきではないでしょうか?
そうですね。
初めてネコを飼う方や、悩んでいる方おいでになると思います。
鮭さんをはじめ、すぐ前にコメントされていらっしゃる 通りすがり♡さんのご意見を参考にしていただきたいですね。
こういったアドバイスがより多くの方に伝わるといいなぁって思います。
  1. 2015.08.06 (木) 08:20
  2. URL
  3. [ edit ]

花梨さん

> ネコの暮らしブックの表紙にストレスで免疫力低下て書いてありますね。
> 人間も同じだなぁって思います。
> ネコがネコらしく生きられる環境作り大切ですね。

本当にそうですね♪
人も猫も生き物として根本的なものは同じなのだろうと思います

> 初めてネコを飼う方や、悩んでいる方おいでになると思います。
> 鮭さんをはじめ、すぐ前にコメントされていらっしゃる 通りすがり♡さんのご意見を参考にしていただきたいですね。
> こういったアドバイスがより多くの方に伝わるといいなぁって思います。

私なんて多くを経験されて来られた通りすがり様に比べたらまだまだ未熟で考えも浅い人間です(´-ω-`)
もっと視野を広げて物事を判断出来たらいいなぁと思います

そして色々な方のブログやコメントを通して新たに感じたことは
「幸せ」や「家族」に正しい答えなんてなくて大きく人としての道を外れなければ誰もが「幸せ」で「家族」なんだということを感じました

 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback


プロフィール

鮭

Author:鮭
猫と恋人の鮪さんとの日常をつづりたいと思います♪
ブログ名はイタリア語で「銀色の猫」

*姫(シルバー長毛♀)2013年7月2日生まれ
*のぞむ(黒キジ白長毛♂)2013年2月23日生まれ
*龍牙(キジ白短毛♂)2011年1月14日生まれ

⭐姫's BABY⭐
2015年4月27日生まれ
のあ(牛柄ややキジ♂)
ひなと(グレー白♂)
あき(黒強めキジ白♀)
むう(黒キジ白♀)

⏩国境無き猫もふ団⏪






🐾総訪問者数🐾


Twitter...



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。